Connecting the foreign community in Okinawa

沖縄における猫のTNRの費用

沖縄でのTNR(わな・不妊去勢手術)は、人々が思っている以上に費用がかかる。継続的な資金調達が必要です。

沖縄で野良猫のTNR(わな・不妊去勢手術)プログラムを実施するために必要な費用といえば、ほとんどの場合、獣医の費用が思い浮かぶだろう。確かに、獣医師費用は最も大きな出費であり、獣医師が原価でサービスを提供する場合、猫1匹につき5,000円以上かかることもある。これは麻酔、包帯、抗生物質、縫合、その他の大変な出費をカバーする。獣医やそのよく訓練されたスタッフの貴重な時間はカバーされない。

TNRの本当のコスト

しかし、野良猫の去勢・避妊手術を自費で無料で行ってくれる獣医が無制限にいたとしよう。それでも、去勢・避妊手術を受けられるのは、治療が必要な野良猫のごく一部にすぎない。なぜか?TNRプログラムには非常に時間がかかり、さらに獣医の費用以外にもたくさんの費用がかかるからだ。

罠とケージ

TNRを行う上で、獣医師の費用以外にどのような費用がかかるのでしょうか?まず、最低でも罠が必要です。確かに、ボランティアが猫のコロニーをよく知っていて、メンバーに簡単に近づくことができる場合、ボランティアは猫を抱き上げてキャリーに入れるだけで済むこともあるが(私は何度もそうしてきた)、これは常に可能というわけではない。多くの猫は臆病でボランティアが十分に近づくことを許さないし、たとえ撫でることを許したとしても、多くは抱き上げられることを許さず、ボランティアに危害を加えるほどもがくだろう(危害を加えようとしていない猫でさえ、その爪で信じられないような危害を加えることがある)。だから、本格的なTNR活動には罠が必須なのだ。トラップは猫を長時間捕獲できるようには設計されていないので、トラップに加えてケージやキャリーボックスを活用することも必要だ。目的別に作られたケージは、底に取り外し可能な受け皿がついていて、ケージの扉を開けなくても寝床を交換できるので最適だ。これらのケージは決して安くはない。

トラップ、ケージ、キャリーは安くはない。

安全な宿泊施設

猫が捕獲されたら、手術の前にどこか安全な場所に連れて行き、そこで待機させなければならない。多くの場合、ボランティアは自宅の一室を使って猫を保管するが、これも常に可能というわけではない。沖縄県民の大半は一軒家ではなくマンションに住んでおり、猫の飼育が許可されているマンションは驚くほど少ない(ペットの飼育を禁止しているところも多い)。自分の家を持っているボランティアはこの点で有利だが、沖縄のほとんどの家はとても狭く、手術待ちのTNR猫を保管できる余分な部屋があるところはほとんどないことを覚えておいてほしい。TNRプログラムのボランティアや主催者が自分の猫を飼っている場合(ほとんどの場合そうである)、野良猫を家の中に入れることは非常に邪魔になり、ペットの猫側の防衛行動や縄張り行動を誘発する可能性がある。今までお行儀よくしていた猫たちが、家具をひっかいたり、トイレの外で排尿したり(ベッドやソファが好んで使われる)、あるいは猫同士でケンカを始めるかもしれない。また、ノミの感染の可能性(非常に現実的な懸念)や、猫HIVや猫白血病などの健康状態(可能性は低いが、それでも阻害要因になる)もある。そのため、手術前と手術後(特にメスの場合)にTNR猫を飼育できる専用の場所を用意する必要があるかもしれない。

食品と物流

TNRのネコは手術の2、3日前から預かる必要があることが多い。これは一般的に手術が予定されているためである。時にはボランティアがあちこちに猫を集めることもあり、これを行うボランティア(そしてそれをサポートする獣医)はTRNの活動に重要な貢献をしている。しかし、より大きなコロニーで活動する場合(特に春から夏にかけて)、子猫の波に先んじるには組織的な努力が必要である。ボランティアは何十もの罠を持ち寄り、あらかじめ計画された場所に仕掛け、そこで何十匹もの猫を捕獲する。この作業には最低でもかなりの量の餌が必要である。罠に餌をつけるためと、猫が収容されている間餌を与え続けるためである(もちろん、手術の12時間前から餌を与えることはできない)。この餌代は大変な出費だ。

この種の活動では、ボランティアが獣医の時間を1日予約し、獣医は捕獲された猫のTNR手術だけを行う。大規模なTNR活動は動物病院の診療に支障をきたすため、多くの場合、動物病院の外の施設を利用する必要がある。一部の獣医(宜野湾市のCherubimsのような)はTNRに特化する傾向があり、手術の前後に猫を収容するための独自の施設を持っていることもあるが、そのような獣医は沖縄では稀であり、TNRに基づくビジネスモデルは薄利多売であるため、ビジネスを継続するのは難しい。私が言いたいのは、効果的なTNR活動を行うためには、(たとえ一時的なものであっても)何らかの専用の手術施設が重要な役割を果たすということだ。

継続費用

猫が路上に戻されるときは、連れ去られたのと同じ場所に戻す必要がある。これは、猫が慣れ親しんだ環境に戻り、協力的なコロニーに参加しやすいようにするためである。見知らぬ地域に野良猫を捨てるのは、ロサンゼルスのある地域から怪我をしたギャングを連れて行き、手当てをして、敵対するギャングが支配する別の地域に捨てるようなものだ。理解すべき重要なことは、半組織的なコロニーは人間のボランティアが世話をしているから存在するのであり、そのような持続的な努力がなければ、TNRが必要な猫を捕獲するのはもっと難しいということだ。コロニーを維持するということは、猫に餌をやり、ノミを駆除し、病気が出たら治療するということであり、特に数十匹の猫のコロニー(私は80匹以上の猫の世話をしているグループを知っている)の場合は、そのすべてに費用がかかる。

TNRされた猫は、手術の前に数日間拘束される必要がある。

継続的な資金調達の必要性

TNRのボランティアは活動資金を集めることができるし、実際にやっている。焼き菓子を売る人もいれば(私もやったことがある)、寄付品を集めてリサイクルショップのポップアップの一部として販売する人もいる。どのような方法であれ、継続的なTNR活動を維持するためには、持続可能な資金源が不可欠である。

TNR手術後、猫は自分のテリトリーに戻される。

沖縄猫プロジェクトの目的のひとつは、ボランティア活動を支援するための資金集めです。私たちは猫をテーマにしたTシャツやトートバッグを、時にはオンラインで、時にはイベントで販売しています。これらのグッズの売り上げは、TNRプログラムや猫の保護活動全般のために、フード、罠、ケージ、キャリー、薬、TNR手術のための獣医への直接支払いなどの現物支給という形で使われます。日本の住所(基地外のみ)への発送も可能です。また、あなたやあなたのご家族が私たちの商品を身につけたり使ったりしている写真を送っていただければ、感謝の気持ちを込めて、私たちのソーシャルメディアに掲載させていただきます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。ご協力いただける方は、こちらまでご連絡ください。

 

この記事の日本語版は英語の原文をAIが翻訳したものです。

Share

見どころ
Aki Shimabukuro

備瀬の福木

沖縄の本部半島にある小さな集落、備瀬の素朴な通りには、背の高い堂々としたフクギ並木が続く。

Read More »
見どころ
Paul Sean Grieve

轟の滝 沖縄

沖縄本島で最も訪れる人の多い滝のひとつである「とどろきの滝」とその周辺の公園は、手軽にリフレッシュできる場所だ。

Read More »
沖縄猫プロジェクト
Paul Sean Grieve

沖縄における猫のTNRの費用

沖縄でのTNR(わな・不妊去勢手術)は、人々が思っている以上に費用がかかる。継続的な資金調達が必要です。

Read More »
見どころ
Paul Sean Grieve

ケイブオキナワ

ケイブオキナワは、うるま市のど真ん中にある、簡単にアクセスできる地底の驚異である。

Read More »

最近投稿した記事